【京都府】ちょうど良い規模と打上げ数でファミリーにおすすめ。京たんば花火大会。

おでかけ

娘達の夏休み期間も中盤にさしかかり、どこかで花火大会がないかなと検索していたところ見つけたのが「ゆかた祭り 京たんば花火大会」。

我が家のような手がかかる小学生の娘2人を持つ親の方には特におすすめです。ちょうど良い規模感と打ち上げ数、そしてファミリーに良心的なサービスもあり心と体共に余裕を持って花火を見る事ができます。

これは次も来よう」と思ったのでご紹介します。

京たんば花火大会

基本情報

花火大会名ゆかた祭り
京たんば花火大会
開催場所京丹波町須知商店街特設会場
主催ふれあい祭実行委員会
開催時間18時30分~21時30分
打上げ時間19時20分頃~20時過ぎ
人の出
(例年)
約1万人
打上げ花火数約2,000発
出典:2023年ゆかた祭り 京たんば花火大会

楽しみ方

京たんば花火大会は楽しみ方で観覧場所が違います。

2つの楽しみ方と場所

●パターン①
花火を楽しみたい方:
道の駅 丹波マーケス駐車場

●パターン②
出店とイベントを楽しみたい:
京丹波町須知商店街特設会場

初めて来られる方は場所がよくわからないと思いますので次に詳細をご紹介します。

詳細場所

まずは「道の駅 丹波マーケス」の紹介です。

道の駅名丹波マーケス
住所京都府船井郡京丹波町須知
色紙田3-5
駐車場大型8台
普通車542台(身障者用8台)
営業
時間
9時~20時
HPhttp://www.tamba-markeds.jp/
出典:道の駅 丹波マーケス

花火大会当日は駐車場を無料開放してくれておりとても助かります。15時ぐらいには駐車場はかなり混みあい17時には満車になります。14時ぐらいに来ると余裕を持って車を停められます。ぜひお早目に。アクセスはこちら。



次に「京丹波町須知商店街特設会場」の紹介です。

場所は「丹波マーケス」の建物を出て左になります。丹波マーケスからは正面道路を挟んで徒歩で7~8分のところ。正面道路は信号が少なく、交通量が多いので地下道を通って現地へ向かうのが最短経路になります。



こちらが丹波マーケスと地下道の位置関係です。駐車場の中央部分から出入りする事ができます。



こちらが駐車場中央口の写真になります。こちらから出るとすぐに地下道ですので便利ですよ。



そしてこちらが丹波マーケスと「京丹波町須知商店街特設会場」との位置関係になります。地図で見るよりも距離は近く感じます。



これが特設会場の写真になります。周りには一軒家が並んでおり中央部分に広場がある感じです。

我が家の花火大会レポ

道の駅到着

事前のネット情報通り15時には駐車場は混みあうので、家でお昼ご飯を食べ14時ごろに道の駅に到着。駐車場の空き状況としては入口付近は車は多かったですが、奥の方は空いている状況。



ひとまず暑さから逃れる為に建物内に避難。建物内にはスーパーやキャンドゥ、マクドナルド、フードコートなどがあり、冷房も効いてトイレもあるので時間を潰すにはちょうどよいです。



またイートインコーナーでは無料の冷水が飲めます。花火大会に合わせてお店も冷水機以外に2つ給水道具を用意してくれていました。とても良心的です。

15時駐車場

15時の駐車場の状況ですが予想通り混み始めました。駐車場の奥も少しずつ埋まっていき徐々に人が集まってきます。県外ナンバーの車は見ませんでした。地元の方か京都在住の方がほとんど。

17時駐車場

17時になると駐車場は満車。停められない車が空くのを待っている状態です。駐車場台数は542台あり十分確保されていますが、満車になってしまいます。待ち時間が苦でないならばお早目に。

事前場所取り

花火大会のスケジュールとしては以下の通りです。

スケジュール

●祭り開催時間:
18時30分~21時30分

●花火打ち上げ開始:
19時20分頃~

よって先に無料の花火観覧場所を確保してから祭り開催場所である商店街特設会場へ向かった方が効率が良いです。花火観覧場所のおすすめは道の駅内にある「丹波野菜とれとれ野菜市場」の正面に位置する広場になります。



事前にシートを広げて場所取りをしている方がいました。花火が綺麗に見える場所もここが一番良いスポットです。15時時点ではまだ写真の様な状況で17時になるとかなり埋まってきますのでこちらもお早目に確保を。



17時時点の広場の状況はこの様な感じです。打上げ場所は祭り開催場所とは反対方面になります。ちょうどマクドナルドの裏ぐらいから上がる感じです。



こちらが地図上で見た無料観覧場所になります。



こちらの広場には公衆トイレも設置されており、多目的もありましたので小さなお子さんがいても安心です。

特設会場へ

時間も祭り開始の18時30分に近づき、我が家も特設会場へと向かい始めました。地下道を通て会場へ向かう途中に人の多さもそれほどではありません。それは小さな花火大会の良いところです。



こちらが混みあう前の写真になります。



しかし広場に近づくにつれて人の数は多くなってきます。広場の面積は大きくないのでかなり人が密集しています。広場にも事前にシートを広げて場所取りをしている方がいらっしゃいました。舞台ではヒップホップダンスが披露されて盛り上がっていました。



屋台に並ぶ人の数も多くその間を縫って前に進まなければなりません。屋台の価格は大きな花火大会よりはリーズナブルに感じます。我が家が購入したかき氷も1つ400円でスーパーボールすくいは1回500円。

打上げ開始

特設会場は19時に切り上げ、もとの観覧場所に戻ります。予定通り19時20分頃になると花火が打ち上げられます。完全に日が落ちる直前からのスタートです。

この日の夕方の気温は35℃でしたが、風が吹いていた為かとても涼しく感じました。そんな風が吹いて涼し気な状況の中、花火打ち上げ開始!



距離はかなり近く、大迫力。音がかなり大きいので小さなお子さんは少し驚いてしまうかも。



スーパーで購入したお惣菜やお弁当、持参したノンアルで食事をしながら花火を楽しむ事ができます。目の前にスーパーがあるのはとても便利です!



またこの時期外での観覧は蚊や虫が気になる所ではありましたが、今回誰も蚊に刺されず過ごす事ができました。なぜか一度も蚊に遭遇せずに花火を楽しむことに。



花火の打ち上げ時間は19時20分頃からスタートして20時過ぎに終わります。約40分でしたが十分楽しむ事ができ、子供達も大満足。



徐々に花火大会はクライマックスへ。



とても綺麗な花火大会でした!最後に打上げ距離が近い分、灰が少し降ってきますのでご注意ください。

20時駐車場

打上げ花火終了後の駐車場はかなり混みあいます。帰り客の車が一気に出口へ向かうので渋滞がひどい状況。警察の方や警備員の方が誘導して順番に道路へ流してくれますが時間がかかります。

お祭り自体の終了は21時00分までなので、一旦シート等を片付けた後は再度、お祭り会場へ。

帰り渋滞を避ける方法

●祭り開催時間:
18時30分~21時30分

●花火打ち上げ終了:
20時過ぎ

お祭り会場へ再度向かいイベントと出店を楽しみましょう。21時ぐらいになると駐車場内も空き始めます。

まとめ

初めて訪れた花火大会でしたが、家族全員とても満足でした。早めに来ると待ち時間は長いですが、エアコンの効いた建物内で時間を潰す事ができるので、小さなお子さんのいるご家庭は助かります。

また、建物内にはスーパーやフードコートなどがあり飲食や休憩が可能なのも便利。わざわざ飲み物や食材を持ってくる手間が省けます。

そして、特設会場で催されるイベントも子供達が楽しめるものばかり。特に娘2人ともダンスには興味があったので今回のダンスイベントは盛り上がりました。主催していただいた方へ感謝。

花火は2,000発と大きな花火大会ではありませんが、距離感といい、無料観覧といいコスパが最強。これからも子供が小さいうちは京たんば花火大会は行かせてもらおうと思います。それでは。

とも

40歳からキャンプを始めて、デイを含めて年間16回の戦歴です。現在2年目ですが、がんばって発信していきます。

ともをフォローする
おでかけ
ともをフォローする

コメント