【奈良県】室内で遊べる!ミ・ナーラ「いきものミュージアム」楽しかった!

おでかけ

2023年4月28日(金)にオープンした奈良県の商業施設「ミ・ナーラ」にある「いきものミュージアム」に子供達を連れて行ってきました。金魚ミュージアムには行った事はあったのですが、今回のいきものミュージアムは初めて。

ネットではいろんな動物と触れ合えると書いていたので寒くなってきた近頃、室内で楽しめるイベントは子供達を連れて行くのには助かります。

しかも今回は父さんと子供達だけのおでかけ。とても楽しめましたのでその内容紹介します。

いきものミュージアム

基本情報

施設名ミ・ナーラ いきものミュージアム
住所奈良県奈良市二条大路南1丁目3-1
営業時間10時~18時
場所ミ・ナーラ4F
電話番号080-4689-4240
HPhttps://nara-ikimonomuseum.com/
出典:ミ・ナーラ

奈良県では有名な商業施設で、週末はかなり賑わいます。今回行った週末も多くの人で店内が賑わっていました。駐車場も開いている場所を探すのも大変なくらいでした。奈良県出身の方に聞くと県民の中では週末の時間潰しにミ・ナーラはちょうどよいみたいです。金魚ミュージアム同様にいきものミュージアムは4Fにありますのでエレベーターにのって行きましょう。

アクセス

駐車料金

駐車場料金

●第1駐車場:入庫後24時間毎700円
●第2・3駐車場:7:30~23:00上記時間以外は基本料金が加算
●基本料金:終日60分300円
●精算機は建物出入口に設置されているのでそこに車のナンバーを入れて清算します。

「いきものミュージアム」で入場料を支払えば2時間駐車場無料券もらえます!

入場料金

入場料

●大人(中学生以上) 1200円
●小学生 800円
●65歳以上 800円
●障がい者(各種手帳をお持ちの方) 800円
●小学生未満 無料

※各種手帳を提示で手帳をお持ちの方1名に対し介助者1名入場料無料。
※再入場は不可でした。
入場したら中にはトイレはありませんので事前に済ませておきましょう。

受付場所

出入り口はこんな感じです。大きく「NARA IKIMONO MUSEUM」と書いてますので一目で分かります。中にはトイレはないので特にお子様連れの方は事前に済ませておきましょう。

チケットはこんな感じです。カメレオンが大きくチケットに写ってます。

まず受付時にチケットをもらった後はチケットに記載されている入場同意事項を読んでチェックを入れます。忘れずにチェックを入れましょう。

正面広場

受付を終え早速中にはいると広場があります。そこにはたくさんの動物がいました。主にいたのはカメやトカゲ、カメレオンといったところです。間近に見る事ができ触る事もできるので子供達も大興奮です。

間近に見るとカメも結構かわいいですね。

娘達も初めてカメを恐る恐る触って楽しんでました。

広場中央部分にはトカゲの触れ合いコーナーもありました。実際に触ってみるとざらざらしてました。よーく見るとかわいいです!

係員さんが立っているので声をかければ触らせてくれます。

子供達も爬虫類を触る機会はあまりなかったので良い体験です。

更に奥にはカメレオンのケースがたくさん並んでいました。なんか不思議な顔です。

こっちをジーっと見ているカメレオンもいました。しゃべりだしそう。

こんな感じに見つめてくるカメレオンもいます。

あとはカメレオンの赤ちゃんもいました。赤ちゃんなのかこういった品種なのかこれは初見です。

目をきょろきょろさせて動いていたりするので、なかなか間近でカメレオンを観察する機会はありません。

いろんな色のカメレオンがいて楽しいです。

有料体験

広場では有料の体験ブースもあります。まずは、ヘビと一緒に写真を撮るサービスです。1人500円でチェキが1枚撮影後もらえます。

子供達は最初は怖いと言ってためらってましたが、なんとか首に巻く事ができ撮影は終了。貴重な体験ができました。

これが貰ったチェキになります。良い記念写真です。

また、受付に1人300円払えば金魚すくいもできます。金魚は持ち帰る事はできません。そのままリリースとなります。

記念撮影

また広場にはこのような大きなヘビの模型もあり無料で記念撮影も可能でした。

しとしと

これだけではありません。まだまだたくさんのブース(部屋)がありますのでお見逃しなく。最初は「しとしとゾーン」です。暖簾をくぐるとそこにはまたまたたくさんの動物が。

これはカメレオンではなくイグアナ?

しとしとの意味は少し湿度があるところに生息している動物かも。恐竜みたい。

中央には球体の水槽がありその中には熱帯魚と思われるものがたくさん。幻想的です。

カエルもいました。よーく見ないとどこにいるか分からない動物もいるので、草木と同化した動物を探すのが楽しいです。子供達も「あ!いた」といって喜んでました。

大きなヘビもいます!

カメも泳いでます。

よーく見るととてもかわいい。

石の様に動かないカエルもいました。角が生えているみたいと子供達も大興奮。

うわー怖い。

水面にたたずむトカゲ。

いろんな色のヘビもいます。

トカゲがガラスに貼り付いている。

中には記念撮影場所もあります。イグアナと2ショット。

恐竜の顔の下で撮影もできます。

ぷるぷる

お次は「ぷるぷるゾーン」です。その名の通り少し触るとぷるぷるしてそうな動物がいました。実際には触れません。

まずはこちらのカエル。かなりぷるぷるしてそうです。

このカエルの名前はアフリカウシガエルです。

こんな大きな魚もいました。ぷるぷるゾーンだった気がしますが少しあべこべだったらすみません。

中央部分には丸い水槽がありウーパールーパーがいました。

球体の中には魚が泳いでいます。

ウーパールーパーはとてもかわいい。

チンアナゴもいました!

砂の中からちょっと顔を出しているのがかわいかったです。

南国にいそうな魚もいたり。

こんな小さくてかわいらしい魚みいました。

からから

お次は「からからゾーン」です。基本的には砂漠のような乾燥した場所に住んでいる動物達だと思います。

カエルだったかな!?どこにいるかわからないぐらい身を潜めていました。

少し毒がありそうなヘビもいます。

恐竜の模型もあったり。

大きなトカゲもいました。

岩の上で2匹揃って前を向いているトカゲや。

草の根元で寝ているトカゲなどいろいろ。

なんか見ていると砂漠にいるみたいです。

毒毒しい。

中央部分にはこのような記念撮影場所もあります。

こんな大きな恐竜の模型もあります。

こわこわ

最後は「こわこわゾーン」です。ここの写真はあまり撮れてません。結構怖い虫がいました。

タランチュラだったり。

ゴキブリ!!!だったり・・・ここはすぐに通り過ぎました。

ショップ

最後、こわこわゾーンを抜けるとショップになります。

熱帯魚用の水槽があったり

小物が売っていたりと

こんなクリスマスの記念撮影場所もありました。

ついでに何枚か撮影!

こんな感じに。

まとめ

今回のいきものミュージアムは最初から最後までかなり楽しめました。滞在時間は2時間ほどでしたが、室内で寒くないので冬場のおでかけには最適な場所。子供達も触った事がない爬虫類たちを触る事ができ新しい体験をすることができました。

まだ行かれていない方は是非1度お試し下さい。それでは。

奈良県>水族館 その他で検索!!


とも

40歳からキャンプを始めて、デイを含めて年間16回の戦歴です。現在2年目ですが、がんばって発信していきます。

ともをフォローする
おでかけ
ともをフォローする

コメント