自宅の裏で椎茸を育てる。農業初心者の私が原木からの栽培にチャレンジした日記①

きのこ

最近キャンプ以外に自分の心の中で「ストンっ」と落ちた事がありました。

それが自宅の裏で「原木からの椎茸栽培!」です。

なぜかって?それは自宅の裏が太陽の光が当たり辛く、椎茸栽培に適しているからだと思ったからです!

そして農業初心者の会社員の私がどこまでやれるかを自分自身で試してみたいといった思いからです!

そんな椎茸栽培の記録を自身の成長と共につづって行こうと思います。

ビジョン

我が家の裏庭の現状

①裏庭には今の家を購入した当初より砂利が敷かれているだけで日当たりが悪い。

②日当たりが悪いのでウッドデッキを作ろうにも気がのらない。

③今では子供のおもちゃや水遊び道具が置かれているだけ。

④キャンプ用品の倉庫を置こうと思っても車に載せるまでに距離がある。

⑤まあまあ広いが使い方が思いつかなった。

このように、自宅の裏が利用できずにもやもやしていた中出会ったのが、椎茸の原木。たまたま週末に市の施設でマルシェがやっており、その中で1本1,000円で椎茸の原木作りをやっており、チャレンジ。

その時いた店員さんに話を聞いたところ、椎茸栽培は陽が当たらない場所で育てるもので、湿度が大切との事。その時これだ!と思ってしまいました。

そして更に話をしていく中で考えた事

ビジョン

①椎茸はうちの裏庭のような陽の光が当たらない場所で育てられる。よって未活用のうちの裏庭が椎茸栽培に活用できる。

②椎茸の原木栽培は4~5年は収穫できる。

③裏庭での栽培だからこそ、仕事の出勤前や帰宅後にすぐに確認できる。

④原木は最終的には栄養を吸われてボロボロになるが、キャンプの焚火で使用できる。再利用。

⑤椎茸の栽培日記をブログでかける。情報発信。

⑥栽培がうまくいけばちょっとずつ原木を増やしていきたい。

⑦関西では奈良県が林業が盛んなので道の駅などで原木や椎茸の駒を安く調達できるはず。

⑧椎茸を量産できるようになれば副業でメルカリ等で売って収益にしたい。

24年3月16日(土)

先にも書きましたが、マルシェで原木作成にチャレンジ。まず椎茸ドリルで原木に穴を開ける。原木の端から5センチあけて15センチ間隔に穴を開けていく。4×4=16個の穴を開けました。

そして最後に栽培方法のチラシを受け取り早速家に持ち帰りました。

24年3月17日(日)

いろいろネットでも調べているとまずは原木を湿らせないといけないと書いてあったので、ゴミ袋に水を入れて18時間ほど原木を浸けました。浸水作業ってやつです。

ほどよく湿ってきたので、ひとまず風に当てました。水分量が多すぎるとカビが生えたりするそうで。あと、直接地面に置くといろんな菌が繁殖してしまうのでよろしくないとの事でしたので、ちょうど家にキャンプ用の薪があったのでそれを拝借。

また説明書にも書いていた通り、まずは菌を活着される事をやらないといけないという事から原木を湿らせて、段ボールで包みました。

ネットで調べると、椎茸の原木を管理する際の適温が15℃以上25℃。夜間に注意して必ず10℃以上は確保と書いていました。

24年3月18日(月)

天気 晴れ
最高気温 10℃
最低気温 3℃


今日は風も強く肌寒い状況でした。ちょっとこれでは原木の適温が保たれないのではと気になり温度計で測ってみることにしました。ちょっと前に買っていた食品の温度を測るようの温度計です。

実際に段ボールの隙間に温度計を差し込んでみると温度は 10℃!!

これはちょっと寒くなるのでは!

自宅に何かの荷物の梱包に使っていたぷちぷち(緩衝材)を発見。ちょうど良い大きさ!

段ボールの上から緩衝材を巻いて、裏に置いてあったもう捨てようと考えていたビニールプールをハサミで解体し、保温シートに。

すでに原木は乾いてきていたので一度水はかけて湿らせました。ひとまず今晩はこれで乗り切ろう!

24年3月20日(水)

天気 雨後晴れ
最高気温 11℃
最低気温 3℃
現在7時30分 気温 7℃


春なのに寒の戻りで各地寒くなっています。本日も最高気温が11℃。適温と言われている15℃~25℃にはいかないかな。そして、昨晩大雨が降り気温低下、ビニールで巻いておいて良かった。

一応中の温度はどうなっているかを測ろうとしましたが、包をといた瞬間一気に15℃くらいから気温低下。多分ですが、包の中は15℃くらいに保たれていたのではと思います。何か、いいやり方考えます。

中の原木はどうなっているかなーと見たところ、何となく表面が白くなっているような・・まだまだよく分かりません。

切り口部分も少し白くなっているような気が・・・いわゆる菌糸紋(きんしもん)といやつはまだまだでていません。

原木自体も少し湿り気が足りなくなってきていたので、ひとまず水をかけ、更に本日も外気温が低い為、巻いていた段ボールを湿らせてから原木を巻く事にしました。その上から緩衝材、ビニールシートを巻き保温。

今週は1週間ずっと寒いですが、来週からはやっと春らしい気温になりそうです。

24年3月21日(木)

天気 曇りのち雪
最高気温 8℃
最低気温 1℃
現在気温 3℃

本日も非常に寒く一部地域で雪が降りました。我が家の椎茸くんを朝確認。おおっていたビニールシートの上には氷が。夜はかなり冷え込んだ事が伺えます。

なんとも言えない状況ですが、うっすらと表面が白くなってきている気がします。ネットで検索するとこれは気中菌糸(きちゅうきんし)と呼ばれる椎茸の菌糸で酸素が少なくなっている時に発生するそうです。寒いだろうと過保護過ぎて、段ボールや緩衝材、ビニールで巻き過ぎたか・・・

切断面はうっすら白いようで特に変化なしです。

反対の面も特に変化なし。

結論としては今晩からはしっかりと酸素をいきわたらせる為に、むき出しで置いておこうと思います。

24年3月23日(土)

天気 雨
最高気温 13℃
最低気温 4℃
現在気温 5℃


今日は朝から雨が降り続いています。おそらく一日雨だと思います。気温も低くなかなか椎茸の成長には厳しい環境かな。

切断面がなんだか白くなってきている気がします。徐々に菌床が進んでいる事を願います。

原木の表面は変化はわかり辛いです。

こちら側の切断面はあまり変化が雨にぬれて分かり辛いですが、周りが以前よりも白くなってきた気がします。

引き続き観察を続けて見ます。

しいたけ菌打込み原木

新品価格
¥1,680から
(2024/3/23 08:07時点)

24年3月24日(日)

天気 曇り
最高気温 11℃
最低気温 7℃
現在気温 9℃

本日は一日曇り予報でしたが、少し雨がぱらついていました。切断面については徐々に白い部分が広がっていっている気がします。菌糸紋(きんしもん)はほだ木の繊維に沿って広がっていくそうで順調に広がっているのではと思っています。

ほだ木の表面も、駒から駒へと続く白い筋の様なものも確認できました。ちょっと手ごたえを感じました。こちらはもともと地面側の面。地面側の方が程よい湿度だったのかなと思います。

こちらは地面側とは反対の面。少し地面側よりも菌の拡大は遅れているのかも。表面はしっかりと濡れているので特に問題ないと考えそのまま放置します。

24年3月26日(火)

天気 雨後くもり
最高気温 13℃
最低気温 7℃
現在気温 10℃

少しずつ気温も上がって春らしくなってきました。しかしまだまだ雨が多い日が続いています。本日も朝から大雨で昼まで降ってました。おかげさまで原木の湿度は十分。そしてまだまだ菌糸紋はでてきてません。

原木の表面には少しずつ菌が広がっているように感じます。でもまだまだですね。今後も観察続けていきます。

24年3月27日(水)

天気 晴れのち曇り
最高気温 15℃
最低気温 6℃
現在気温 7℃

本日は朝から久しぶりの晴れ。最高気温も15℃と車内にいるとかなり暑くなりました。やはり気温が高く晴れると原木の乾燥が進み気付いたら表面の水分は少なくなっていました。なので急いで水やり。

原木の切断面については大きな変化はないですが表面が少し白くなったような気がするぐらい。まだまだ大きな変化はありません。でもよーく見ると回りに少しずつ菌が広がっているような。継続して観察していきます。

24年3月28日(木)

天気 曇り後雨
最高気温 17℃
最低気温 4℃
現在気温 6℃

本日の最高気温はかなり春めいてきた。しかし最低気温との差も今もなお大きい状況です。気温差激しいなー。原木の状況はというと全体的に白い菌のようなものが表面に着きだしている感じがします。以前は片面だけ広がってましたが今では両面広がりだしました。

切断面についてはまだそれほど変化はありません。

反対面も大きな変化はありません。やはり雨が降らないと原木自体は日陰に置いててもすぐに乾燥してしまうのでこまめな水やりが必要だと思います。毎回子供用のバケツで水を1回あげています。今後も観察続けます。

24年3月29日(金)

天気 晴れ
最高気温 21℃
最低気温 11℃
現在気温 19℃

本日の天気は朝は少し雨が降ってましたが、お昼前には晴れに変わり一気に気温が上昇。徐々に菌が広がっているのを感じます。白い部分が少しずつ多くなってきています。

駒の隙間から少しきのこの赤ちゃんの様なものがでてきてました!!

こちらの駒からも少し。

少しずつではありますが菌が原木を侵食していっていると思います。本日は晴れなので乾燥状態をこまめに見ながら湿度を保っていきます。また継続して観察していきます。

しいたけ菌打込み原木

新品価格
¥1,680から
(2024/3/23 08:07時点)

24年3月30日(土)

天気 晴れ
最高気温 22℃
最低気温 11℃
現在気温 7時28分 14℃

本日は一日晴れ予報。朝から気温が高く10℃をすでに超えている。やっと春らしくなってきた。原木の状況としてはやはり気温が上がってくると水分の蒸発が早く表面の乾燥が早い。水をかけ保湿を維持させました。毎回、バケツ一杯分の水をかけてます。

全体的に原木が白くなってきました。菌が広がっているのを感じます。順調順調。

切断面についてはまだそれほど大きな変化は見られません。

反対面も同様ですが、以前よりも円の外側が白くなってきたように感じます。これからも検察続けます。

24年4月1日(月)

天気 晴れ
最高気温 20℃
最低気温 9℃
現在7時の気温 12℃

昨晩は小雨だったのか地面が濡れていました。原木の状況も少し湿っており良好。周囲には菌が徐々に広がってきている感じです。万遍なく白くなっている状況です。

上から見てもかなり白い部分が増えました。

駒の隙間からも順調に育っている感じがします。

断面についても円の周囲が少しずつボロボロになってきており、栄養を吸われているのではないかと思っています。今後も観察続けていきます。

しいたけ菌打込み原木

新品価格
¥1,680から
(2024/3/23 08:07時点)

3月まとめ

2024年3月についての天候は、雨が多く中旬までは気温もかなり低い状況でした。しかし、中旬以降は気温自体は一気に上昇し、昨日も150年ぶりに東京で3月に28℃を観測。それぐらい全国的に暑くなりました。

気温が上昇してくると菌の広がりも早くなっている気がします。一応、3月にやってきた事だけをまとめてこの記事は終わりにします。次回4月分で続けますので是非継続して椎茸原木栽培ライフをご覧ください。

3月やってきた事

・原木の保管はキャンプ用の薪の上で横倒し

・気温が低下してきたことからブルーシートで保温

・気温上昇後は原木が乾きやすいので毎日水やり

・裏庭も春になってくると日当たりが良くなってくる部分が増えたので当たらない場所へ原木を移動









とも

40歳からキャンプを始めて、デイを含めて年間16回の戦歴です。現在2年目ですが、がんばって発信していきます。

ともをフォローする
きのこ
ともをフォローする

コメント