【京都府】宇治市の整ったキャンプ場。Merriest Village~かさとぴあ~

冬キャン

2024年に入り我が家のファミリーキャンプが始動。早速ですが、私の誕生日が近いという事もあり毎年恒例の贅沢なキャンプが今年の第一弾。

今回宿泊したのが京都府宇治市にある「Merriest Village~かさとぴあ~」にあるトレーラーハウス!
宿泊費は15,000円を超える金額となりましたが、それに見合ったとても設備の整ったキャンプ場でした。

それではキャンプ場紹介します。

Merriest Village~かさとぴあ~

基本情報

住所京都府宇治市西笠取黒出5-1
電話075-366-9581
オープン22年4月29日
チェックイン13時
チェックアウト11時
アーリー/レイト各2,000円(問合せ必要)
HPhttps://www.merriest-village-kasatopia.com/
出典:かさとぴあ

宇治の市内からは車で約1時間くらいの場所に位置しているキャンプ場ですが、そこまで山奥に入っていくイメージではありません。実際に利用した感想としては本当に設備が整っていてストレスがかからなかたのが正直です。特にファミリーキャンプで初心者の方にはおすすめの場所。

こちらの写真は我が家が宿泊した「トレーラーハウス側」です。

アクセス

京都・大阪方面からのアクセスの場合

大山崎JCT or 久御山JCT 京滋バイパス滋賀方面→笠取ICから約5分

滋賀方面

瀬田東JCTより京滋バイパス大阪方面→南郷ICから約10分

車で走っているとパッと見でわかる看板が目に入ります。

キャンプ場手前が少し狭い道路になってましたが、対向車とのすれ違いに問題はありませんでした。

サイトマップ

形としては縦長のキャンプ場でした。

正門を入っていくとすぐの所に駐車場があり、係のお兄さんが立っています。予約の名前を告げるとそこから受付になります。

管理棟は駐車場から歩いてすぐのところにあります。支払いは現金、もしくはカード、ペイペイが使えます。

我が家が宿泊したトレーラーハウスは一番奥の方でした。

管理棟

管理棟は正面入り口から入ってすぐのところに青い建物が見えてきますので

矢印の建物が管理棟です。

受付は1組ずつなので、チェックイン時の受付は少し混みあって待つ事もありです。また管理棟自体は正門が閉鎖21時、開門6時なので人がいるのが早朝6時~21時だと思います。

管理棟横のもう一つの青い建物は24時間営業の無人売店があります。ソフトドリンクやお酒、お菓子の自動販売機、他は子供の遊び道具が売っていました。

無人販売機の横には木の枠で囲まれた喫煙所もありました。

24時間無人売店

24時間営業なところが大人にとっては便利。お酒とおつまみが足りなくなったら購入できるのは助かります。

価格はカップラーメンやお菓子で270円~と少し割高。

お酒は250円~400円でした。

ワゴンには子供用のおもちゃが200円で売っていました。

カップラーメン用にちゃんとポットも備え付けありです。

注意事項

気になったところは電波状況。場所によっては不安定な場所があるようです。私の楽天モバイルの携帯も一時的に電波が1本になっており少し不安定でした。

そんな方には施設内のフリーWi-Fiがおすすめ。

火気については備え付けのコンクリートブロックを必ず使用。花火は手持ち花火のみ砂地にて利用可能。打上げ花火やロケット花火は不可。

他にもいろいろとありましたので添付写真ご覧下さい。

トイレ

トイレはキャンプ場内の中央部分に炊事場と一緒に設置されています。男女で別れており手洗い場も横に併設されております。個人的には子供用に低い手洗い場があったのと各手洗い場に鏡が設置されていたのが細かい気遣いだなと思いました。

清掃も行き届いており臭いも気にならないぐらい綺麗にされていました。

ウォシュレット付きトイレで見た目も非常に綺麗で何も問題なしです。虫の侵入も気になりません。便座用除菌スプレーまで設置されているのはかなりサービスが良き。

シャワールーム

シャワーは15分 500円で時間予約制になってました。予約は先ほどの管理棟で。場所は管理棟から歩いてすぐのところにあり、入口ドアにシャワールームとはっきりと書かれています。

入口入るとすぐに100円の有料下駄箱があります。あとで100円が戻ってくる下駄箱になっています。

シャワールームは4つありかなり綺麗です。

実は冷暖房器具があり外はかなり寒かったですが、室内はかなり暖房で温かかったです。これはかなり良いサービスで、お風呂上りに温かいのは子供が入る時に助かります。

シャンプーやリンスは備え付けはありませんでしたが、ホテルみたいにかなり整備されたシャワールームでした。

洗面台も白を基調としておりかなり綺麗で、ドライヤーと綺麗なバスタオルは備え付け。全体的にかなり清掃が行き届いています。

他にも脱衣用のカゴやゴミ箱など。

また浴室からでた正面には休憩イスや絵本、ゲーム機などゆったりできるスペースも設けられており、このスペースはお金を払わずとも出入りは自由。

様々な年代用の読み聞かせ絵本や子供が興味を示しそうな絵本がたくさん。

こちらの懐かしいゲーム機は1回10円という良心的な価格で楽しめます。

なぜかパックマンだけはタダでできました!!娘がどはまり。

他にも小さいお子さん用にプレイマットと乗り物やぬいぐるみも。

実はシャワールームの横にもトイレが設置されていました。

こちらは室内なので温かく、かなり綺麗で広々としていたので外のトイレを怖がるお子さんは中でもOKだと思います。

炊事場・灰回収

炊事場はちょうど場内中央部分のトイレの横にありました。シンクの数は12個あり、お湯の蛇口は6つ。この時期にお湯がでるのはかなり助かります。

先に見える小さなショベルカーは何用なのか結局わかりませんでした。

灰捨て場は炊事場横の大きなドラム缶になります!

炊事場と女性用トイレの間ぐらいに生ごみ用のゴミ箱がありました。

川遊び

キャンプ場横には「笠取川」が流れており、管理棟近くから川へ下りられる場所がありました。春や夏は川遊びをするのに丁度良いのではと思います。

我が家が宿泊したトレーラーハウスから見えた川の状況ですが、入口らへんはもっと整備されている様です。

トレーラーハウス

我が家が宿泊したトレーラーハウスの全体感はこのような感じで、横にウッドデッキがついており、その正面に車を停車できます。そこから荷物を運び入れるのでテントがない分あっと言う間に荷運び完了です。

ウッドデッキの広さは家族4人で大き目のイスを広げても余裕の広さ。これに120cm幅の机を置いても動きやすいです。

また、トレーラーハウス上には伸縮できる屋根がついており雨でも少し安心。矢印部分に回す金具がついていますので、部屋に入ってすぐ右に金具を回す棒がぶら下がっています。

トレーラーハウス内奥にはソファー(ソファーベッドに変身できます)とイス、机

入口付近には下駄箱と冷蔵庫、ケトルがあります。

もちろんエアコンも完備。冬場でも快適。

しっかりと換気扇もついていました。

コンテナの窓から見える景色は正面に桜の木がありますので春さくらが咲いたらめちゃくちゃ綺麗だと思います!

ウッドデッキ正面に見える景色も山の上に桜の木が植えられており春になるとこちらも絶景。

ウッドデッキ裏には笠取川が流れています。水の流れる音が心地よいです。

場内も広々!!

グループキャンプ

他にも場内にはこのようなグループキャンプができるような場所もありました。中央部分でキャンプファイアもできそうです。

ふわふわドーム

キャンプ場内の中央には「ふわふわドーム」があり子供達だけ遊べます。大人は使用できません。これがあるだけで子供達が勝手に遊んでくれるのでキャンプの準備がはかどります。

子供達もいろんなお友達と遊べて楽しそう。土足厳禁で雨や雪が降ると滑りやすくなるので使用制限されます。

ちょっとした遊具

「ふわふわドーム」以外にもシャワールームの裏手には小さいお子さん用の遊具、小学生用のアスレチックがありました。少しわかり辛い場所にあるので炊事場とトイレの間から入っていくと見えてきます。

ゴミについて

ゴミは受付で150円を支払うと専用のゴミ袋がもらえますので捨てて帰る事ができます。ゴミ捨場は正面入り口すぐのところ。

一般ごみは可燃ごみ、段ボールもOK。

資源ゴミは瓶・缶・ペットボトル・カセットボンベも回収OK。

他にもこんなもの

場内を歩いているとこんな大きな宿泊施設もありました。研修かなんかで使うのかな?

こんなちょっとおしゃれな屋敷もあり管理人の方に聞いたら宿泊施設ではなく、自由に出入りできる遊び場?みたいな場所の様ですが、はっきりと分かりませんでした。

他にもシャワールームの横には多目的室がありイスや机がたくさん並んでありました。何か、イベントをやったりするのかな?

受付でもらった

受付時にはペットボトルの水2本

人数分のスリッパと歯ブラシセットがもらえました。素晴らしいサービス!

スタンプカード

キャンプ場では珍しいスタンプカードもあります。

スタンプが10個たまると5,000円分の割引券になるのはお得!!

我が家のキャンプレポ

初トレーラーハウス

2月初旬でまだまだ寒い日が続いていましたが、トレーラーハウスは快適!

少し高めの料金でしたが価格に見合ったキャンプ場でした。

トレーラーハウス内も広々、ウッドデッキも広々。

今回のキャンプ場はウッドデッキでも焚火ができたので良かったです。

ウッドデッキ上の焚火は禁止にしているキャンプ場も多いですが、これだとウッドデッキから下りる事なく焚火を楽しめたのでこれもこれで快適でした!

ウッドデッキの良さは日当たりが良い事。気温は低かったですが、ウッドデッキにチェアを広げ座っていると雲がない快晴の時はかなりぽかぽか陽気。

こんな日なたぼっこもキャンプの楽しさです。

焼き芋は美味しかった

我が家の毎回のおやつにはなりますが、今回も炭火で焼き芋に挑戦。

さつまいもを新聞紙で包み、水で濡らします。その後アルミホイルで巻いて焼けばホクホクのさつまいもが完成。このやり方だ成功しやすいです。

ほら、こんなに美味しく焼けました。しっとりほくほく。

冬はちゃんぽん鍋

今回の晩御飯はちゃんぽん鍋。やっぱり冬は鍋が一番。

冷凍シーフードを入れると更に旨味アップ。体が温まります。

子供達も美味しく頂きました。

翌朝は雪

予報では晴れ予報でしたが、なぜか翌朝は雪が降りました。ノーマルタイヤしか持っていなかったので積雪が不安でしたが、すぐに止んだので良かったです。みなさんもこの時期のキャンプは注意して下さい。

寒さと雪で車のフロントガラスも凍ってました。

アクトパル宇治

基本情報

住所京都府宇治市西笠取辻出川西1番地
営業時間9時~17時
定休日月曜日
出典:アクトパル宇治

正式名称は「宇治市総合野外活動センターアクトパル宇治」になります。こちらの施設はキャンプ場としても有名で毎回人気で多くのキャンパーさんが利用している場所です。敷地面積も広く設備も整っているのでとても良い場所です。

アクセス

アクトパル宇治はカサトピアキャンプ場から車で15分の場所にありアクセス非常に良いです。アクトパルには温泉施設もあるのでこのぐらいの距離だとカサトピアに宿泊している人の中には温泉に入りに行っている方はいる様です。

駐車場も広い

駐車場は比較的広めなので朝にいけば余裕で停められます。お昼ごろになると少し混みあいます。

朝10時時点の駐車場の状況です。

室内は冷暖房完備

本当は無料アスレチック目的で来たのですが、館内が非常に過ごしやすくイベントもやっていたのでちょっとの間館内で子供達と遊びました。中央部分は床暖房もついており快適、

有料のイベントもあったのですが、中には無料のイベントもありこんなブーメラン作りにも挑戦。

こんなちょっとした遊び場も。

変わった遊びがいっぱい

また、館内中央部分には変わった遊び道具がいっぱい。みんなで説明書を読みながら対戦。意外と盛り上がりました。

これはマンカラという遊びでした。子供には少し難しかったですが、大人は楽しめました!

こちらはカロムという遊びで丸形の木を指ではじき穴にどれだけ落とせるかというものでした。チーム戦で家族4人で遊べたのでかなりの盛り上がりです。

わいわいホリデー

今回アクトパル宇治では「わいわいホリデー」開催中で、期間限定のイベントで令和5年の12月~令和6年2月までの毎週 日曜日と祝日の10時~16時が対象です。

わいわいホリデー大浴場が無料開放となっていました。これはすごい!他にも有料のスライム作りや無料の塗り絵、紙のブーメラン作成など。イベントが盛りだくさん。

レストラン併設

館内にはレストランも併設されており、入口では野菜なども販売。お昼ごろになるとたくさんの人がレストランで食事をされていました。かなり使い勝手がいいですよ。

他にも陶器なども売られていました。おしゃれなお皿が300円で売っていたので買ってしまいました。

無料アスレチック

アクトパル宇治には入場料無料の巨大アスレチックがあります。駐車場からは歩いて15分ぐらいのところにあります。山の斜面に立てられたアスレチックでかなり大きいです。

木製のアスレチックもあり下から上までアスレチックを上がって行くとかなり足腰が鍛えられます。

いろんなアスレチックがあり子供達も大満足。

上まで登ると巨大滑り台があり、斜面に角度があるのでスピードが出やすく楽しいです。

滑り台を滑り終わると下にはこのようなロープアスレチックもありました。手動ですがとても楽しいものばかり。

まとめ

2024年初めてのキャンプは楽しみで前日興奮して眠れなかった父と次女でした。初めての「カサトピア」でしたが、これほどまで設備が整っているとは思っていませんでした。

チェックイン13時 チェックアウトが11時で今回はトレーラーハウス宿泊でテント設営撤収もなかったのでとても優雅でした。たまにはこんな贅沢なキャンプをしてもいいかなと感じた次第です。

今回は少し寒いキャンプでしたが、子供達も最初から最後まで楽しんでくれたと思います。また春になったら桜を見に来たいと思います。それでは。

とも

40歳からキャンプを始めて、デイを含めて年間16回の戦歴です。現在2年目ですが、がんばって発信していきます。

ともをフォローする
冬キャン
ともをフォローする

コメント