【三重県】ドライブでおすすめしたいおしゃれな場所。日本最大級の商業リゾート ヴィソン

おでかけ

キャンプの予定もなくどこかぶらっとドライブに行けないか探していたところ、人におすすめされて行けていない場所がありました。そこが三重県にある「ヴィソン」という日本最大級の商業リゾートです。

きっと行くと楽しいと人におすすめされてどれほどかと思ってましたが、正直「行って良かった」と思いました。むしろ到着が14時ぐらいだったので朝から来ても良かったなと思います。もったいない事したなと感じました。

それほど楽しく新しい発見がたくさんある場所です。そんなヴィソンに行ったレポ紹介します。

ヴィソン(VISON)

基本情報

住所三重県多気郡多気町ヴィソン672番1
電話0598-39-3190
営業時間10時~18時
駐車場あり(有料)
商業施設HPhttps://vison.jp/
ホテルHPhttps://vison.jp/area/stayatvison/
出典:Google

商業施設内には「ヴィソンホテルズ」という宿泊施設もあります。ホームページで見る限りとてもおしゃれなホテルです。3種類あり「ホテルタイプ」「ヴィラタイプ」「旅籠タイプ」。ただ単に1度は泊まってみたいなーと思うぐらいラグジュアリーで憧れる存在です。死ぬまでに1回だけ泊まってみたいそう思います。

ショップが入っている商業施設から正面に見えます。かなり大きいです。

アクセス

紀勢自動車道(伊勢自動車道)「勢和多気インターチェンジ」降りて国道42号線合流後左折200m入口になります。

高速代を浮かす方法

◆実際に我が家から直接高速に乗って行くと片道で4,000円以上かかります。それではあまりにも高いので節約ルートを人に教えてもらいました。

道の駅 お茶の京都みなみやましろ村→名阪国道 大内IC→伊勢自動車道 勢和多気IC

このルートだと週末でも片道1010円でいけました。

道の駅 お茶の京都みなみやましろ村をご存じの方、もしくは家が近い方はこの道の駅をめがけて行き、前を通り過ぎてそのまま進んで行きましょう。

その後は「名阪国道 大内IC」という所を目指して進みましょう。そこでは名古屋方面に乗ります。名阪国道はお金はかかりません。途中から伊勢自動車道に入ります。

この他にもいろんな方面から来られる方もいらっしゃると思いますが「名阪国道」をしっかりと利用して高速代をなるべく浮かせましょう。

駐車場は

駐車場はゲートレス有料駐車場です。各パーキングの近くに清算の機械があります。車のナンバーを入れて清算するやつでした。

終日200円/60分
2輪車無料
宿泊者無料
2,000円以上のお買い上げで3時間無料
3,000円以上のお買い上げで6時間無料
出典:ヴィソン

お買い上げサービスを利用するには、買い物の都度レシートはとっておき、2,000円以上もしくは3,000円以上最後の買い物で到達した際にレジに提示すればQRコード付きの無料券がもらえます。最後精算機にそれをかざせば割引になります。

週末の午後に到着しましたがそれでも余裕で停める事ができるぐらい駐車場台数は多いです。

行きたい場所の近くに停めたい場合は早めの到着がおすすめ。

レンタルでこんな乗り物も利用できる様です。エスカレーター側に置かれていました。

トイレ・ゴミ箱

トイレについては所々にありますので問題ありません。多目的もあります。

またゴミ箱についても和ヴィソンの方では見ました。店舗で食べる分も問題ないので捨てて帰る事ができます。

全体地図

パンフレットだけ見ると正直どこに何があるかわかりません。かなり広いという事とショップの数が多すぎて何が何かわかりません。なので、我が家が進んで行った道順で紹介していこうと思います。

マルシェヴィソン

まずは美味しそうな食べ物がたくさん「マルシェヴィソン」から。我が家は下記地図であるように、P1駐車場に車を停めてから行きました。

P1駐車場からはまずは矢印のエスカレーターを利用してマルシェヴィソンに行きます。

ひとまず、マルシェヴィソンにある店舗一覧をまとめてみました。なんのお店かわかるようにホームページも載せてます。是非参考に。

◆水産市場

店舗名カテゴリーホームページ
第十八甚昇丸深海魚・鮮魚こちら
脇口の鮪鮪の解体・直売こちら
海女小屋なか川海女小屋料理こちら
鈴木水産活魚こちら
出典:ヴィソン

◆畜産市場

店舗名カテゴリーホームページ
baraque肉屋台・一口料理こちら
竜銀虎嘯 薪場薪炭火焼き・肉カウンターこちら
竜銀虎嘯肉レストランこちら
若竹松坂牛精肉こちら
出典:ヴィソン

◆催事場

店舗名カテゴリーホームページ
軽トラマルシェ産直イベントこちら
出典:ヴィソン

◆農産市場・食育

店舗名カテゴリーホームページ
WARASHIBE たいやき わらしべたいやきこちら
覚王山フルーツ大福 弁才天フルーツ大福こちら
新兵衛屋ねりもの・あげ天こちら
マルシェ ヴィソン青果・花こちら
出典:ヴィソン

到着して早速お昼ご飯を食べる場合はどこに行くか事前に決めておいた方が良いです。たくさん美味しそうなものがあり過ぎて決める事ができません!!

マルシェヴィソンはこんな感じになっています。少し階段になっている部分が多いので足元に注意です。

飲食するお店はこの様な屋台風となっております。アルコールなどもあり宿泊者がうらやましい。

人気のお店では売り切れがでてました。

子供達が小腹が空いたというので、わらしべ たいやきで美味しいたい焼きを購入しました。もちもちして美味しかった。

みんな食べ歩きしている人もいれば少し通路から外れてこういうところで食べている人もいました。

BBQプランもあったりして通路の横のスペースに食事できるイスとテーブルがありました。

ほんとうに美味しそうなお店が多くてどれも食べたくなります。これなら買ってもいいかなと思えるぐらいな価格で魅力的。試食や試飲もやっておりそれだけでも楽しいです。

他にも「Orange Paradise」といったキッチンカーもありました。オレンジに直接ストローを挿して飲むジュースです。美味しそうでした。

究極のタピオカといったキッチンカーもきてました。

他にもワークショップなどもありました。結構楽しめます。

お土産の他にも人のプレゼントしても喜ばれそうな商品がたくさん。

他にも地元の野菜が置いていたりとどれも新鮮で美味しそうでした。

観葉植物も置いてました。

いろんなアクセサリー類も売ってました。

途中で買ったいちごのドライフルーツが中央部分がしっとりとしていて美味しかったです。

スウィーツヴィレッジ

お次はマルシェヴィソンを抜けた後の「スウィーツヴィレッジ」になります。ちょうど青枠で囲んだ部分がそれにあたります。

スウィーツヴィレッジの店舗一覧はこちら

店舗名カテゴリーホームページ
LE CHOCOLAT DE Hショコラこちら
Confiture Hスウィーツ・カフェこちら
Mariage de Farineベーカリー・カフェこちら
出典:ヴィソン

こちらの通りには美味しそうなスイーツ・パン・カフェがあります。中にイートインコーナーもあり買ったものをその場で食べる事もできます。

こんな感じに左手に建物がずらっと並んでいます。

チョコレート屋さんの素晴らしい作品も見れたりと。

少しだけ道の脇でマルシェもやっていました。

途中歩いていると苺ハウスの様なものもあり、特に栽培は行っていませんでしたが苺狩りなどやるのかなと思います。

おしゃれで美味しそうなパン屋さんありました。イートインスペースもあり。

テーブルは7つぐらい。

アトリエヴィソン

お次はスイーツヴィレッジから前に進むとある「アトリエヴィソン」です。

◆アトリエヴィソンの店舗一覧はこちら

店舗名カテゴリーホームページ
KATACHI museum食にまつわる道具の博物館こちら
KATACHI museum shopミュージアムショップこちら
Gallery 泛白 uhakuギャラリーショップこちら
猿田彦珈琲 伊勢国コーヒーこちら
ターミナル棟待合室・授乳室こちら
raf モビリティレンタルモビリティこちら
百福三重土産こちら
ヴィソンホテルズ当日宿泊予約・手荷物預り・施設案内こちら
出典:ヴィソン

前に進んで行くとこのようなバスのロータリーが見えてきます。

建物内にはお土産もあり更に乗り物レンタル(raf モビリティ)もあります。

外にはイスとテーブルもありゆったりできるスペースもあります。

和ヴィソン

お次は「和ヴィソン」になります。個人的には一番楽しかったエリアで美味しい出汁のお店やお酢のお店、味噌のお店、醤油のお店など和のおしゃれなお店がたくさん。しかも美味しいものばかり。

お店に入るといろんなものを試食できるのでたくさん買いたくなります。人へのプレゼントにもおすすめのものばかり。ほんとに!

場所はスウィーツヴィレッジから「まほろ橋」というところを渡るとあります。

まほろ橋から和ヴィソンはすぐに見えます。こんな橋です。

橋を渡るとが「和ヴィソンが「サンセバスチャン通り」になります。

◆和ヴィソンの店舗一覧はこちら

◇蔵前広場

店舗名カテゴリーホームページ
削節本舗 伊勢和鰹節こちら
奥井海生堂昆布こちら
蔵乃屋味噌こちら
伊勢醤油本舗醤油こちら
美醂 VIRIN de ISEみりん蔵こちら
MIKURA Vinegary酢蔵こちら
出典:ヴィソン

◇旨味広場

店舗名カテゴリーホームページ
HAPPA STAND TAKI御茶・器こちら
うなぎ四台目 菊川うなぎこちら
スギモトすきやきこちら
のりもも海苔こちら
嬉野とうふ のせ豆腐こちら
クリンスイハウスこちら
伊勢 翁蕎麦こちら
林商店伊勢たくあん・漬物こちら
豊農米蔵 produced by AKOMEYA TOKYO米・食品・雑貨こちら
出典:ヴィソン

◇食祭広場

店舗名カテゴリーホームページ
無添加商店 尾粂だし・総合食品こちら
天ぷら・天考 伊勢の国天ぷらこちら
福和蔵日本酒・酒蔵こちら
kiond 縁日縁日屋台こちら
AT CHEF MUSEUMシェフの料理が作品の美術館こちら
出典:ヴィソン

こちらが和ヴィソンの看板になります。かなり店舗数も多くこまごまと書いていました。

和ヴィソンの雰囲気はこんな感じで蔵の様なものが立ち並んでいます。

たくさんの蔵があるので、お店の前には大きな樽が置かれたりしてます。こちらはお酢の樽で実際にお酢作りの機械なども見れたりしました。またいろんな美味しいお酢の試飲もできたりとかなり楽しかったです。

こちらはお味噌の樽で、こちらのお店でもたくさんの種類のお味噌を試食する事ができました。ブレンドもできるみたいで自分だけのお味噌も作れるようです。

こちらの奥井海生堂では出汁が味わえます。美味しかったです!

とにかくいろんなお店に入り見て回りました。林商店ではおいしいキュウリ棒を食べました!

ほんとにショップを見ているといろんな魅力的な商品がたくさん。ほんとうに買いたくなるものばかり。それしか言ってないですがほんと楽しいです。

海鮮の定食屋さんも併設されており外の席で食べている人もいました。とても美味しそう。

こんな記念撮影場所もありました。

豆腐屋さんもありましたが行った時には開いてませんでした。

松坂牛のすき焼き屋さんもありました。美味しそう!

酒屋さんも。

浄水機を売っているお店もありました。お水の飲み比べもありこういうちょっとした試飲も楽しい。

あと、こちらの建物では有名シェフ監修の食べ物が楽しめる場所となっております。

残念ながら11時~15時までの営業で行けませんでしたが次来た時には試してみたいです。

中央部分では輪投げや射的などの縁日の様な場所もありました。

セバスチャン通り

お次は「和ヴィソン」の反対側にある「セバスチャン通り」になります。紫色の枠部分がそれにあたります。まほろ橋を渡って正面に見える部分になります。

正直、時間の都合で最後まで回る事ができなかったのでセバスチャン通りはお店に入らずぐるっとまわっただけでした。

◆セバスチャン通りの店舗一覧

店舗名カテゴリーホームページ
Egun onバスクチーズタルトこちら
Zazpiバル・ピンチョスこちら
Casa Urolaバル・ピンチョスこちら
D&DEPARTMENT MIE by VISONライフスタイル雑貨・カフェこちら
伊勢プリンの鉄人伊勢プリン・プリントーストこちら
糀茶寮 Produced by 魚沼醸造発酵カフェこちら
菓子舗 井村屋和菓子こちら
くるみの木 暮らしの参考室ライフスタイルショップこちら
くるみの木 暮らしの参考室ライフスタイルミュージアムこちら
cafe Tomiyama喫茶こちら
rafカフェこちら
mina perhonen museumミュージアムこちら
mina perhonen museum shopミュージアムショップこちら
旅籠こちら
出典:ヴィソン

セバスチャン通りはこのような建物が並んでいる場所になります。

和のスイーツなど多い気がしました。

井村屋もありました。中で少しお茶ができそうです。

木育エリア

お次は黄色い矢印の部分の「木育エリア」になります。ここには絵本や木のアスレチックなどがあり子供達が遊べる場所になります。

店舗名カテゴリーホームページ
kiond木と森の体験施設こちら
出典:ヴィソン

和ヴィソンの奥に行くと見えてくるのが「木育エリア」。この熊の木彫りが目印。

kiond」と看板に書いてあります。

建物自体はこんな感じ。

有料スペースではありますが、この様な木育玩具がたくさんあります。

このような面白い木のアスレチックもありました!

他にも木工体験などできるスペースがあったりしたので受付で申し込みが必要です。

本草エリア

お次は「本草エリア」です。こちらは我が家が時間がなく回る事ができなかったエリアになります。オレンジ矢印のエスカレーターを利用して登って行きます。

かなり長い大きなエスカレーターなので遠目からも目立ちます。

◆「本草エリア」の店舗一覧

店舗名カテゴリーホームページ
本草湯本草湯こちら
Le Furoミネラルミスト浴こちら
Wellness Salon by TEUZUSIKIリフレ・トリートメントこちら
笠庵 賛否両論日本料理こちら
本草研究所本草研究所こちら
本草研究所RINNEナチュラルカフェ・ハーブこちら
RVパークVISON車中泊こちら
出典:ヴィソン

その他エリア

その他には「農園エリア」と「スマートICエリア」があります。こちらは少し離れたところにありますので車での移動が必要です。

◆「農園エリア」の詳細

店舗名カテゴリーホームページ
NOUNIYELL農園レストランこちら
ani TERRACE動物保護施設・ペットホテル・ドッグランこちら
出典:ヴィソン

◆「スマートICエリア」の詳細

店舗名カテゴリーホームページ
ホワイトハウスヴィレッジ・バギーパークバギー走行体験施設こちら
出典:ヴィソン

まとめ

今回初めて、ヴィソンに行きましたが確実に

リピート確定の場所!!

になりました。木育エリア以外は子供達にとっては退屈な部分はありますが、ピクニック気分で行くのもいいかと思います。お昼まで他の場所で遊んで午後から行くのも良しです。ぶらっと散歩がてらでもいいかと思います。

いずれにしても、もっと回りたかったのに回れなかったのが悔しいぐらいの場所なので是非次回は朝から行って全部回ってみたいと感じました。

まだ行ったことない方はぜひぜひ!!ほんとにいろいろ買ってしまいます!我が家が買ったやつを最後載せおきます。

とも

40歳からキャンプを始めて、デイを含めて年間17回の戦歴です。現在3年目ですが、がんばって発信していきます。

ともをフォローする
おでかけ
ともをフォローする

コメント